「秀隆と!」
「麦蔵の!」
「レミニセンス講―――ぎゃあああああああああ!?」
「っせえな。いきなり耳元で叫ぶんじゃねえよ」
「なななな、なんで大河内代表が、この大して意味もないレミニセンス講座に!?」
「意味があるかないかを判断するのは俺の自由だ。
俺はこの講座に出てみたいと思ったから出てみた、それだけのことよ」
「は、はぁ……」
「なんだその態度は。俺がこの講座に出ることが不服か?」
「そんなことはけして。むしろお待ちしておりましたっ!」
「本当かよ」
「ほら、講座に出てくる人物もマンネリ気味でしたし……ははは」
「俺はわざとらしい接待は嫌いなんだよ。潰すぞ?」
「…………」
「……あ、オレちょっと用事が出来たのでこの辺で失礼します。後はユウキに任せますんで、どうぞゆっくりしていってください」
「そう言うな。俺も講座は初めてで不慣れなんだ。お前がアドバイスしろ」
「アドバイスと言われましても……。ここでは、その、
一応表向きは作品に関する内容でトークするって言うか、そういう感じです」
「はっきりしねえなあ。ともかく、リコレクトに関する内容を話せってことか」
「そうです。そういうことになります。ほんと、何でもいいんです」
「なんでも?」
「この人のことをどう思うとか、もうそんなんでもオッケーです」
「…………」
「…………」
「…………」
「あ、あの。何かないんですか?」
「ちょっと静かにしてろ。今キャラクター紹介読んで調べてんだ」
「それくらい把握してきてくださいよ……」
「俺は多忙なんだ。雑魚のプロフィールなんざ知るか」
「(この人、絶対講座向きじゃない……)」
「お、ちゃんと竹内の奴はドリームタウンに移ってるみたいだな」
「事実ですし、そこは当然かと」
「おいおい、お前んとこの特務官は使えない連中ばっかりだな。ははははは!」
「ちょ、ちょっと。話し始めたと思ったら、ホープタウンバカにしないでくださいよ」
「仕方ねえだろ。事実だ事実、戦力差は圧倒的だろ。俺に高坂に竹内、おまけに恭一。どこをとってもドリームタウンが負ける要素が見当たらねえ」
「そ、それはまぁ……明らかな差があるようには思いますけど」
「今からでも遅くねえ。俺のところに来い。一緒にホープタウンを潰そうぜ」
「物騒すぎます! ここはもっと和気藹々とするところですからっ!」
「(あぁシンドイ……誰か変わってくれないかな……)」
「おい島津!!」
「は、はい!」
「リコレクトじゃ、大和って街が現れるそうだな?」
「はい。そ、そうですけど。それが何か?」
「結末がどうなるか教えろ」
「……何いきなりとち狂ったこと言ってるんですか、あなたは」
「気になるじゃねえか。ドリームタウンがどうなったのか。さっさと教えろ」
「教えられません」
「テメェ、俺の命令が聞けないのか?」
「大河内代表の命令だろうと、聞けないものは聞けません」
「オレにはこの物語の主人公としての、責任がありますから」
「責任、か。言うじゃねえか」
「ストーリーに関すること以外であれば、どんな質問にも逃げずに答えますよ」
「……分かった。お前の勝ちだ。結末のことはもう聞かねえよ」
「ありがとうございます」
「ところで島津。一つキャラクター紹介を見ていて気になったことがあるんだが」
「何でしょう。なんでも聞いてください」
「この、希望アフター、って項目。ありゃなんだ?」
「……えっ……?」
「この文章を見る限り、お前は希望とコソコソ密会してる、ってことになるが?」
「いえ、その、あ、えと。こ、これはその、ですから、手違い、と言うか」
「おいおい、どうした主人公。随分と目が泳いでるな。それに震えてるぜ?」
「あ、あわわわわ……」
「俺はお前に一言も、交際を認めると言った覚えはないんだがなぁ?」
「ち、ちが、違う。違うんです。希望さんとは、違うくて……!」
「その、そう、遊び、遊びなんで!」
「…………」
「…………」
「ほう?」
「ち、違います! 真剣、真剣なんです! 真剣交際してます!」
「…………」
「…………」
「ほぉう? ちょっくら付き合ってもらおうか。地下の地下までな」
「誰か助けて !!!」
「と、こんなやり取りが希望ちゃんアフターでは見られるかも知れないぜ」
「……希望アフターのセンセ―、その存在を消去、と……(ぶつぶつ)」
「あ、あのぉ。何か本当に物騒なことが聞こえて来たんですが……」
「次回こそ、あたしと……!」